2010年11月06日

vol.26 最終戦、テキソマ

今年からフルエントリーを始めたバスマスターセントラルオープンもついに最終戦となりました。

昨年末にトビーに会いに渡米した際、「ボートと車貸してあげるよ!」の言葉で勢いと思いつきでエントリーしたこのシリーズ、最終戦まで3回にわたって渡米を無事させていただいたことにトビーと応援してくださる皆様に感謝ですm(_ _)m


texoma.jpg

最終戦の舞台となったレイクテキソマは、その名の通りテキサス州とオクラホマ州の州境にある湖。

kim 079.jpg

水の色はいかにも釣れそうなステインで、ロックエリアが多いリザーバーです。
2006年に初めてテキソマに来た時は、春だったこともあり結構いいサイズのスモールマウスがジグヘッドなんかでわりとイージーに釣れたりもしましたが、、
水温上昇後の夏〜秋にかけては基本的にどこのフィールドでもスモールマウスが極端に釣り辛くなり、今回は安定したラージマウスメインのパターンになることは行く前から予測できました。

この手のフィールドはよっぽどのことがない限り秋はタフになり、ウエイトが伸び悩むことが安易に予想できるんですが、、
今回はその予想をはるかに上回るタフさであることがプラクティスを通じて痛感した部分です…
ローカルアングラー曰く「大会二週間前に起こった大規模なターンオーバーにより、水質が一気に悪化してほとんどのシャッド(テキソマでメインベイトとなっている、アメリカではメジャーな小魚)が死滅してしまってバスも食いっ気が無い状態なんだ。」とのこと。
確かに一部のディープで釣れる魚以外、基本的に釣れる魚はガリガリに痩せ細ってたような気がします。。

で、今回ぼくなりにプラクティスで湖に出る前に心に決めてたことがありまして、、
それは『ディープはやらない』ってこと。

あまりディープストラクチャーを知らない湖な上、秋にベイトを追っかけてスクーリングする魚には爆発力はあっても、3日間のトーナメント中に安定してスクールを追い詰めて釣り続けるイメージができなかったからです。
いくら厳しくても、的確に魚の捕れるスポットとパターンをプラクティスで煮詰めていくことが課題となりました。

kim 080.jpg

プラクティス開始当初はシャロークランクでロックエリアや人工的に沈められたオダを釣って反応がありましたが、このパターンは日ムラがある上、実践できるスポットが少なかったためボツ、、

kim 091.jpg

先ほども触れたシャッドが湖の上流部で僅かに見られ、一部ディープが隣接したロックエリアがフィーディングスポットとなっていたため、

kim 090.jpg

ZOOM社のフルーク(パールホワイト)のノーシンカーをトゥイッチするパターンでコンスタントに魚が釣れるパターンを見つけました。

このフルークの釣りは以前アメリカにいたときからかなりお世話になったパターンなんですが、琵琶湖で試してもイマイチアメリカのフィールドほど効果が感じられず…
ぼくなりの推測ですが、これはバスが捕食しているベイトフィッシュの種類に起因するものではないかと思います。
基本的にシャッドがいる湖では有効な釣りで、シャッド特有の「ヒラヒラ」っていう、フラッシングがバスの食性にスイッチを入れる要因になるのではないかと。。
アユがメインベイトとなる秋の琵琶湖なんかでは、同じようなスティックベイトを使うにしても、《タダ巻き》が圧倒的に有利な気がします。

kim 089.jpg

フルークは独特のツルッとした水を受け流す形状により、鋭いトゥイッチでアクションしてやると弱ったシャッドそっくりの動きをしてくれます。
シャッドがいなくてもこの手の『ヒラヒラアクション』が有効な湖なら日本でも有効かも!?


で、今回最もメインパターンとしていたのは

kim 082.jpg

ボートの係留用に浮かべられたボートドックのシェードを

kim 088.jpg

小型のジグ+ベアクローで撃つというもの!

kim 085.jpg

いいドック、悪いドックをプラクティスで見極めていき、徐々に魚との距離が近づいていって手応えを感じた上でトーナメント当日を迎えました!!


kim 087.jpg

初日、ボートドックのジグ撃ち1本とフルークで1本、計2本捕って44位スタート。
トップ30が進出できる決勝の3日目に行くためには2日目3本は必要と判断。。

2日目、ボートドックで2本、フルークで1本で計画通り3本捕りましたが、、
予想してたより小さいサイズが釣れてきてしまった…

そして結果はまさかの31位。決勝進出を僅か1ozで逃すという、非常にセツない結果に。泣

成績表はこちらhttp://proxy.espn.go.com/outdoors/bassmaster/members/ldr/leaderboard?tournamentId=936

どのみち3日目出ても優勝は困難な状況でしたが、せめて3日目を戦いたかった…




ってことで、今年のシーズンは終了。
年間36位で50位までがもらえる来期の優先エントリー権はもらいましたが、来年のことは今まだ考え中です。
ほんというと来年も出たいけど、いつまでもトビーのお世話になりっぱなしってのも甘いと思うし、次アメリカにいけるのは自分の力でボートと車を用意できるようになってからかなー、って思ってます。

なんにしても、今年は夢に向かって大いなる前進をさせてもらった、ありがたい年になりました!

今一度、皆様に感謝いたしますm(_ _)m



木村建太 公式ホームページ
http://www.geocities.jp/kimken_guide/
posted by キムケン at 21:44| kimkenコラム